アメマスを求めて

本流は、かなりの入渓者があるようで砂地は足跡だらけ。何箇所かでアタリがあるもののヒットせず。
かなり上流に行くと魚の反応が良くなった。しかし、いずれもサイズは今ひとつ。アメマスが出てこない。
かなり上流部の風景。川に与える影響のことを思うと悲しくなってくる。
こちらは、上の河川とは別の川。規模は小さいが結構数が出た。川も歩きやすくヒンヤリして気持ちいい。
新作のヤマメカラーでのヒット。トイッチィングをかけると大きくヒラをうち岩陰に潜む渓魚を誘い出す。リップが少し長めなので、淵などでも十分通用する。
今回はアメマスには、出会えなかったが来年はサーフのアメマスも狙ってみたい。