プチ遠征での一本。

一ヶ月振りに沿岸河川にいってみた。
下流部は、カラフト狙いのルアーマンがかなり入っている。
二時間ぐらい各ポイントを回り、ついにカラフトマスを発見。
メスとオス二匹、30分ぐらい行動を観察してみた。
オス二匹は、メスを取合っているようで、威嚇行動がすごい。
早速、ルアーを通すが最初は見向きもしない。
しかし、何度か通していると、ついにカラフトは反応した。

カラフトマス52センチ、使用ルアーは5センチフローティング(ヤマメ)

一般に、カラフトマス、アメマス狙いだと、漁体が大きい為、6センチから9センチのミノーを使用しますが、私のミノーはサイズはあまり関係ない。なぜなら、私のミノーの作り自体9センチも5センチも同じ素材を使用しているので、割れてしまうようなことはありません。5センチだと無骨に見えるかもしれないが、対象は常に40オバーを意識しています。