11月3日、宮城のS氏に誘われて、久々の遠征釣行である。朝5時に待ち合わせ、時間どうりS氏が到着し、開口一番「なんか、今日も雨で天気悪そうだね。」。実はS氏とは、今回で3回目の釣行で、前回の2回も雨降りだった。どちらが雨男なのか、分からないが挨拶もそこそこに、私の車で出発することにした。 

鬼首までは、待ち合わせ場所から、1時間ぐらいで到着。(実は、ここの川、今年からC&R区間にかぎり、虹鱒の遊漁期間が11月末まで延びたので、今回の遠征となったわけである。)早速、入漁券を購入して釣り場へ。先行者は、まだだれもいない。いつもだと、下流部から釣りあがるが、今回はS氏が上流から釣り下ってみたいと言い私もここの川幅なら問題ないと思ったので、早速、上流部の手前まで行き、そこから入渓。

川に入り、ミノーのスイミングチェックしようと思い、水につけたら、近くにいた30cmぐらいのレインボーがよって来てびっくり。今日は、活性があるのかと思いきや、その後、全くあたりもなし。ミノーチェンジし、新しく作った5cmの物にしたら、ヤマメがヒットした。しかし、後が続かなかった。S氏の方は、25cm〜30cmぐらいのレインボーが連続でヒットしていて、側に行って何を使用しているか尋ねると、スピナーを使用していた。その後、川を挟んで二人で釣り下るとS氏の方は、連続でヒットしていが、私の方は全然ダメな状態。そこで、フローティングからシンキングタイプに変更したら、一投目からあたりがあり、40cmクラスがチェイスしてくるのも見えたがヒットせず。その後、数投目にヒットしたのは、30cm弱のレインボーだった。そのころは、下流からもフライの釣り人が来たため、一度上がり入渓地点よりも上流に行くことにした。

上流に行くと、最初は二人ともあたりもなく、時間がだいぶたっていたので、誰か入った後なのかと思ったら、ある地点まで行くと、私にヒット。リリース後すぐ連続でヒットした。それを見たS氏は、すぐシンキングミノーにチェンジ、そしたらヒットするが、バレてしまうようだった。その内、上流からも釣り人が来て、その釣り人を避けながら釣りあがったが、あたりは遠のき終了とした。

今回、この時期に初めて釣りをして、数はそんなにあがらなかったが、いろいろ勉強になることが多かった。紅葉も綺麗で、天気だけが今ひとつだったが、とても楽しい釣行だった。誘ってくれたS氏にも感謝します。近日中にもう一度釣行したいと思っています。