新作ミノーテスト遠征

最近、雑誌などの広告で、かなりウエイトのあるシンキグタイプをよく見るようになりました。今回、新作の渓流用ファーストシンキングミノーのテストを兼ねて、遠征釣行しました。

遠征初日、朝4時から入渓、キャストをし始めてまもなく、私の対岸上流側に地元の釣り人が一名。その後ウェーディングし、私がこれから攻めようかしていたポイントにキャスト、そのうえミスキャストしルアーを回収のため川をザブザブ渡り、私の側へ。人によっては、怒鳴り散らして追っ払う人もいるようだが、私はそのようなことをしようとは思わない。残念ではあるが、マナーよりもポイントを攻めたいという欲望が強かったのだろう。結局、その場に留まってキャストしていると、なんとなんと私にアメマスがヒット。写真を取りすぐリリース、それを見ていた私の後から入渓した釣り人が近寄って来たので、いろいろ話をした。やはり、アメマスを狙っているとのこと。その後20分ぐらい話をして、その人はもう少し上流に行くとのことだったので、そこで分かれた。しかし、何処の河川も釣り人の多さには驚かされる。



アメマス45センチ。ヒットした後、ローリングされたため、ラインを切断。リリースを急ぐあまり、自作ミノーとのツーショット写真を忘れてしまった。












午後は、上流へ移動し渓流釣りとミノーテスト。しかし上流部の川岸は、先行者の足跡だらけ。厳しい状況なのは、分かっていたが、あえて挑戦することにした。一級ポイントは、全くのノーバイト。しかし、プラスチックのミノーやスプーンなのどでは探れないガンガン瀬では、ご覧の通りです。

5センチフローティング(ヤマメ・オレンジベリー)

新作の5センチ5グラム(ファーストシンキング)

移動途中に見つけたカキツバタの群落。

今回は、初めての河川にも足を伸ばし、新たなフィールドが一つ増えた。記憶に残る釣りを求めて、近いうちにもう一度行ってみたい。